ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(11才)とレオン(7才)と、ロッルー父と母の日記です


by ロッルー母
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

子育て

b0190908_12314768.jpg

横たわっているロッキーに目を落とし
ロッルー父がつぶやきました。

『ロッキーには、なんにも、してやれんかったなぁ』

どういうこと?

『しつけ教室にも、行かせてやれんかった・・・』

なにを、いまさら・・・と思いながら、
その日から、なんとなく、ずっと心に残っているのです。

私たちは、ロッキーやルークに対して、どのような接し方をして来ただろうか・・・
そんな私たちを、あの子達はどのように受け止めているのだろうか。

確かに、ロッキーには、躾らしいことは何もしていません。
ロッキーを我が家に迎えた頃は、
私たちに、そのような知識も無かったし、それを知るような環境にもありませんでした。

お散歩の時には、引っ張られもしました。何回、転ばされて怪我したことか・・・
ロッキーは、躾用語の、「ツケ」も知らなければ、「マテ」も知りません。
それに・・・
家の中では、あらゆるものを破壊して来ました。

でも・・でも・・ 
なんにも教えなくっても、
「車が来てるわよ。横に寄って♪」
「ゆっくり歩いてよ!母さんが苦しいでしょ!」
他のワンコや子供たちが横を通るときは、「さぁ、お座りしてて♪」
いつの間にか、フツーに声をかけるだけで、
ロッキーは、誰にも迷惑をかけないような、楽しいお散歩が出来るようになっていました。

それに・・・
ロッキーは、イタズラをすることが悪いことと知っていましたし、母に叱られることも知っていました。
母に叱られることを知りながら、あえてイタズラをしていたのには、
彼なりのしっかりとした理由があるのです。
私たちは、それを、理解するように努力しました。
それから、ロッキーは、イタズラをしないようになりました。

そして・・・
ロッキーも、ルークも、
他のワンコたちとの出会いや遊びの中で、「犬社会」の健全で楽しいお付き合いが出来る子に育ちました。
犬同士のご挨拶を経て、即、上下関係を理解し、無用な争いを避け、
他のワンコもいたわりながら、楽しく遊ぶことが出来る子に育ちました。
b0190908_1221819.jpg

b0190908_12213436.jpg


いま、この子たちは、
何を考えているんだろうか、何を求めているのだろうか、
なにが哀しいの? なにが辛いの? なにが言いたいの?
あの子たちは、決して無理を言いません。
私たちにとって「我儘だ!」と思えることでも、なにか、その理由がある筈です。

あの子たちには、
心、穏やかな、健やかな、楽しく、幸せな時間を、過ごしてほしいのです。
そのためには、叱ることもしてきましたが、
やっぱり、こころ豊かに暮らしてほしいと願い、毎日を過ごして来ました。

あの子たちに、こころ穏やかで豊かで幸せな時間を過ごさせたいと思えば、
親である私たち人間が、考え方を改めなければならないのではないかと、
なんとなく感じていました。

そして・・・いま
この子たちは私たちの願いに応えてくれていると、確かに感じます。
こんな幸せな時間をくれてありがとね!ロッキー♪ルーク♪
Commented by うぶどん at 2008-09-04 15:51 x
ロッルー父さんの漏らされた言葉、なんとなく共感を覚えます・・・

今日のブログ拝見して、クッキーが我が家に来たころと光景が重なってしま

つて・・・そして、今も・・・

日々気が晴れず、切ないですね・・・
Commented by ぷう&あんのママ at 2008-09-04 16:27 x
私も、ぷうが家の子になった当時は、2代目わんこでは有ったけど
わんこに対する知識が乏しく、そのためにぷうには辛い思いをさせてしまった、という気持ちが有ります。

やんちゃで、ちょい悪で、ブィブィ言わせていた彼には
彼なりのグレル理由があったとのだと思います。

そのために訓練士さんについて、勉強したんですけど
、今となってはそれもみんな含めて、良い思い出となっています。

何も訓練しなくても、以心伝心のラブラブ関係になれた
ロッキー君は、お利巧さんで、勿論ロッルー父さん、母さんも
勘所を抑える力がお有りだったんでしょうね。

今日のロッルー母さんの文章で、またわんこの躾やら
昔のぷうのことやら、徒然思い出させていただきました。

ありがとう!
Commented by ルビー at 2008-09-04 21:40 x
ありがとう!
この言葉しかでてきません。
いままで私とともに暮らしてくれた子供たち(犬種は様々ですが・・・)
に感謝です。
いまの私があるのもワンのおかげですもの。

ロッキー君もルーク君も母さんの甘い声に・・・・・
心から安心していたのですね。
Commented by ロッルー母 at 2008-09-04 21:59 x
うぶどんさん♪

コメントありがとうございます。
クッキー君、いかがですか?
ロッキーのことを考えると、クッキー君のことが重なり、心配しています。

この私のブログ、
暗くて堅苦しくなっていることが、申し訳なく・・・
でも、
一日一日を、私たちと共に生きてくれているロッキーたちに、
感謝の気持ちを込めて、
しばらく、この気持ちを書きたいと思っています。

うぶどんさんには、分かって頂けると・・・・
Commented by ロッルー母 at 2008-09-04 22:07 x
ぷう&あんのママさん♪

ぷうたんが!
「ちょい悪」で「ブイブイ言わせて」たんですか?
当時の色々なことを思い出すと、
とてもとても懐かしいです。

良い子に育ったのは、あの子たちの天性のものだと思うのですが、
やっぱり、それを引き出せるかどうかは、
親である私たちの、接し方次第だと思ってしまいます。

きっと、私たちは、ワンコに育てられてるのだと思います。
Commented by ロッルー母 at 2008-09-04 22:11 x
ルビーさん♪

私・・・
ルビーさんみたいに、
ワンコと共に暮らした経験は浅いし、
ワンコに対しての知識も、全然ありません。

ネットで、ルビーさんたちに出会わなかったなら、
ロッキーとルークに対して、こんな気持ちにはなれていないと思います。

愛するわんこが、私たちにくれた宝物ですね!
Commented by ☆クール姉 at 2008-09-05 05:07 x
会社でコッソリ読みしたら
胸がつまってねぇ~。

初代クールに対しては
今も、何もしてやれなかった・・・って思うことあります。
でも、彼は
ずっとずっと、私たちに笑顔と癒しをくれました。

初代に足りなかったと思うことを
2代目クールには、、、と思うけど

さて、今日も、、、わんこと暮らすために働きますか!
Commented by ロッルー母 at 2008-09-05 06:21 x
☆クール姉さん♪

おはようございます。
そうなのよね~・・・
私たちが、あの子たちにしてあげられてることって、ほんの少しなのかもしれない。
でも・・・
ワンコたちは、絶対の信頼と、無償の愛をくれるのよね~ぇ・・・

あのーーー余計ですが・・・
2代目クール君は、家族全員からの愛情をいっぱい受けた「王子さま」ですよ!

さぁー!
今日一日がんばりますかっ!
Commented by うぶどん at 2008-09-05 08:30 x
ロッルー母さんは優しくて、強い・・・

私は弱いのかな・・・

最近は、ワンちゃんたちのことが書けないんです・・・

ちょっと、せつなくて・・・

だから、早く帰って、ワンちゃんたちと少しでも長く一緒にいようと・・・
Commented by ロッルー母 at 2008-09-05 09:07 x
うぶどんさん♪

私が強い、だなんて・・・(恥)

実は・・・
ロッルー父の今の心境は、うぶどんさんと一緒のようです。
やっぱり、父親の方が、想いが深いのでしょうか・・・
最近のロッルー父は、仕事が手につかないようです・・・

母は、しっかり仕事させられていますけど(笑)
明日は、土曜日です。ワンコたちと一緒に居られます♪
今日一日頑張ります!!
by ro-lu-leon | 2008-09-04 14:33 | ロッルーレオンな日 | Comments(10)