ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(11才)とレオン(7才)と、ロッルー父と母の日記です


by ロッルー母
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

腰が抜けて

恥ずかしながら・・・腰ぬけの状態・・・(笑)

しばらく、スポットライトに照らされてなかったレオンちん・・・
容疑者レオンのこと。。

前科もんのレオンちん。。
この度の容疑が

晴れました\(^o^)/


あの時、院長先生が、顔色変えて
「切りましょう!」と言ってくれた腫瘍は・・・

良性!!! \(^o^)/

組織検査の診断書が送られて来ていました。
『皮膚組織球腫』との診断名!

組織所見が、色々書かれているその先に・・・

『犬の皮膚組織球腫は若齢犬に多い良性腫瘍である』

その文章を見ただけで…
腰が抜けました。。。

あああああああ
助かった!
良性。。。。。。


診断書の文章は 続いて・・・

『病変は通常単発性で、4週間以内に急速に発育する。治療としては外科的切除が推奨されるが、典型例では自然退縮するとされている。本例では腫瘍は完全に切除されており、再発の危険はほとんどない』

あああああああ 助かった!

『良性』という文字があっただけで、
それで良い!!
もう何もいらない!

恥ずかしくも
涙が出そうになった。。。
院長先生の前で
泣きそうになった。。。

もう もう なにも 要らない。。。
『良性』ていう言葉さえ聞けば・・・


でもでもでも
術後の傷が治らないんだ。。

手術は、2週間前なのに
先週、抜糸のはずなのに
抜糸どころか、傷が治らず、またまた 縫った。。。

そして2週間目の今日。。。
ボッコリと深く深く傷が広がり・・・
縫えないほどの大きな傷が出来・・・

またまた
レオンちんは
お散歩出来ない身体になりました。。

まぁね
お散歩なんてどうでもいいのよ!
『良性』という文字があっただけでも・・・
良かったのよ。。。母は。
by ro-lu-leon | 2012-02-28 22:48 | レオンのこと | Comments(0)