ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(11才)とレオン(7才)と、ロッルー父と母の日記です


by ロッルー母
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レオンの記録

①平成24年(2012年)6月9日(土曜日)午後3時過ぎ

首の後ろ、肩に近く、真ん中に、しこりを 見つける。
ブラッシングをしていて見つけた。
横に寝そべらせて、ブラッシングをしていた。
大きな・・・大き過ぎるシコリが、
手に当たった。

大き過ぎると思ったのは、寝そべっていて皮膚が垂れていたからだと思う。

横3㎝~4㎝ 縦5㎝ちょっと 厚み1㎝~2㎝
皮膚の中、少々深い。
骨とかに癒着はしていなさそう。
指で動く。
身体の向きによっては、癒着しているようにも思える。
固さはある。ぶよぶよしているものではない。
その大きさすべてに芯がありそう。

しかし、初めて見つけて、この大きさに、ショックが大きい。

本人は、触っても痛がらない。
吐いたり下痢したりすることもない。元気は、至ってフツーのチンピラ。


②翌日(今日)10日(日曜日)早朝。

昨日のことがあり、全身をくまなくまさぐっていて、見つけた。
カサブタのような感触と、小さなシコリを感じた。
胸毛をかき分けて見つけた。

首のあごの下側。首の真ん中より少々左側。
1㎝~2㎝×2㎝~3㎝の大きさのものがひとつ。
そのすぐ横にも、小さなモノひとつ。
カサブタは、血が乾いたモノのようではなく、何らかの分泌液が出ていてそれが固まったものと思われる色をしていた。
カサブタをかき分けると、赤い発疹のあるしこりがあった。
ピカピカとツヤツヤと、ジクジクとしている。


ちょうど、2年前の7月初めに、悪性腫瘍が見つかったレオン。。。

「2年」という言葉の恐怖に、ずっとずっと追いかけられている。
ロッキーが再発したのも、2年後。
ピレニーズのひぃちゃんが再発したのも、2年後。。

ずっとずっと気にしてた。
怖かった。

あした月曜日、私の仕事が終わってから、病院に行ってくる。

この土日、正気でない時間を過ごした。

早く、一刻も早く、悪性ではないことを診断してもらうために、
一刻も早く、一日でも早く、半日でも早く、病院に行きたかった。

でも、父さんは・・・
「月曜日でよろし!」と言ってきかない!

怖いに違いないんだ。。きっと。。。
by ro-lu-leon | 2012-06-10 22:21 | レオンのこと | Comments(0)