ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(11才)とレオン(7才)と、ロッルー父と母の日記です


by ロッルー母
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

甲状腺機能低下症と、膀胱結石と、後ろ足の麻痺。

どうしましょう。。。



先日の水曜日 

たった4日前に

診断されました


ルークです


b0190908_14091374.jpg

ルークに異常を感じたのは

先週の土曜日

たった1週間前


お昼前に お出かけの準備をしていても

起きて来ない


いつもなら

「お出かけだ〜!」って 分かったら

尻尾フリフリで 私に まとわりついて離れないのに


声をかけても 動かない

車のエンジンがかかっても 動かない

父さんが「ルーク〜!行くぞ〜!」と言っても 動かない


あり得ない!


そして 次の日くらいから ルークの異常行動が 出て来ました


ウロウロ ウロウロ

ただただ 身の置き所がない って感じ


座ろうとしても 座り切れなくて ウロウロ


今まで入ったこともないような 食卓のテーブルの下で 丸まってみたり

お風呂場の脱衣場で 丸まってみたり

廊下の突き当りの 薄暗い角っこで 丸まってみたり


私が 抱きしめて 落ち着かせようとすると

首や胸の辺りが ふるえてる


なんだか どこかの痛みを 耐えてるような

どうしようもないしんどさを 耐えてるような


母は どうしてあげることも出来なくて

胸が つぶれそうでした



そして 病院へ


やっぱり。。。

甲状腺。。。


血液検査の 甲状腺ホルモンの数値は

まずはOK (最低レベルに近かったけど)


でも

脳下垂体から出るという「甲状腺刺激ホルモン」とやらの数値が

高レベルで ちと良くないらしい


院長先生の 分かりやすい説明では


 「甲状腺刺激ホルモンが 必死になって

   『しっかり出せよ〜!足りんぞ!甲状腺ホルモン!』

  って言ってるのに、

  肝心の甲状腺ホルモンが、低レベルの量しか出せてないんだよ」


よく分かります!


やっぱり 異常だったのですね


でも これは

お薬で ルークを 守れます

お薬さえ続けていれば 今までのルークに戻れるでしょう



ただ。。。


膀胱結石

「腰椎(辺り?)のナントカ」(パニクってて覚えてない)

 椎間板ヘルニアみたいなもん?


「腰椎(辺り?)のナントカ」」っていうのは

高齢犬には よくあることらしいので

院長先生が レントゲンを撮って下さってた


そのレントゲンで

偶然 

膀胱結石も 見つかった



手術?


手術は…

出来るだけ

避けたい…



あと1週間で 12才になるルーク


もうすぐ5年前になるけど

右手の骨折の 大手術

あの大変な手術と あの術後のツラさを

すっかり高齢になってしまったルークには もう経験させたくない



どうしよう

どうしたら 良いんだろう


昨日 また 病院に行って来た


院長先生から 

考えられる治療法の 説明を うかがった



でも 今は まだ

理解も 決心も できていない  たぶん。。

pHコントロールのフードは、即刻ゲットしたけどネ)



今の ルークの こと

これからの 治療のこと

ちゃんと 記録に残そうと 思ってる (出来るだけネ)




ただ ただ

今は 冷静な 判断が出来ない状態の 父と母

なんだか 茫然としてしまった父と母は

めずらしく コーヒーを飲みに行きました


いつもの ヘラッヘラのレオンちんと

b0190908_14092435.jpg
b0190908_14093473.jpg

ただただ 平べったくなってるルーたん

b0190908_14094797.jpg
b0190908_14095497.jpg


ガンバレ!ロッルー家!

ぽちっと 応援 よろしくお願いします 016.gif
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
Commented by Gloriabird at 2016-10-02 22:11 x
よく立ち向かっていくね

ときには じぶんのことよりつらいことも
まま あるわけで

でもさ 母さんがしっかり向かい合っている限り
ルークは 安心だろうね

母さんが 折れてると
ルークは 気にしてしまうよね

母さん、応援してるよ!
Commented by ro-lu-leon at 2016-10-02 23:17
ありがとう!Gloriabirdさん!

やっぱり、愛するいぬぅのことになると、立ち向かわざるを得ないよね〜
じぶんだけのことならめをつぶってつらいことがとおりすぎるのをまつこともできるんだけどね

ルークのことは、これからが「はじまり」
なんとか考えるよ。冷静になって…

私も強くなったもんだね〜(笑)
Commented by ミルクママ at 2016-10-23 20:06 x
ご無沙汰しています。ミルクママです。
ルーク君、その後いかがですか?
1つでも心配なのに1度にいくつも言われたらショックですよね。。。
でも12歳なんてすごく立派♪

実はうちのミルクも1年くらい前に後ろ足に麻痺が出ました。
脊椎のほとんどすべてにブリッジがかかった状態で
いたちごっこになる可能性があるため手術もやめた方が
いいと言われ、当時8歳にもなっていなかったのにと絶望的
な気持ちになりました。
何とかステロイドが効いてくれ、滑りやすいですが生活に
支障がないところまで回復しましたので、足の震えに効果が
あると言われるフードに変えたり、豚足コラーゲンが良いとのことで圧力鍋で3時間煮込んで抽出したものを食べさせて
一日でも長くキープできるように頑張っています。

ルーク君に合うものが見つかって機嫌良く生活できるよう
お祈りしています。
Commented by ro-lu-leon at 2016-10-23 21:37
まあ!ミルクママさん!
こちらこそご無沙汰しています。
なんだかんだで、ネットからずっと遠ざかっていました。

ミルクちゃんも、おんなじなんですね。
手術のこと、ほんとうに色々考えちゃいますよね。
でも、ミルクちゃん、素晴らしいです!よく回復されましたね〜、やっぱりママさんの知識と判断が回復に導かれたのですね。

ルーク。。
あれから、ほんのちょっと落ち着いて来ました。
甲状腺の関係で、皮膚に異常が出て来て、フードだけではどうしようもなくなってきたのですが、お医者さまから「試してみる?」って勧められた関節とか皮膚の炎症に効くというサプリを飲ませるようにしました(すっごくお高いけど・笑)
そうしたら、ほんの気持ちだけかもしれませんが、後ろ足の麻痺っぽいのも、皮膚の炎症も、落ち着いてきたように思います。

でも、なんだか、やっぱり一喜一憂ですね。

ルークのこと、ちゃんと記録しようと思ってるのに、なかなか現実に向かい合えなくって…困ったものです。。

ミルクママさん!お声かけてくださって、ご心配いただいて、ほんとうにありがとうございます。

ミルクちゃんも、すべての愛すべきワンコが、みんな健やかに穏やかに暮らせますように!心から願ってます。
Commented by ミルクママ at 2016-11-28 10:44 x
こんにちは。
ルーク君、状態が改善されてよかったですね♪

実は1年振りにミルクの後ろ脚の麻痺が再発してしまいました。
うちの獣医さんはアンチサプリの方なのですが、ルーク君が勧められたサプリを教えていただけないでしょうか?
ネットで調べたら【コセクイン DS】というのが出てきたのですがこれでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Commented by ro-lu-leon at 2016-11-28 20:34
ミルクママさん♪
ブログ、更新もせず放置してしまってるのに、コメントありがとうございます!

ミルクちゃん、麻痺ですか?心配です。。
ルークは、「馬尾症候群」を疑われています。後ろ足を引き摺って、歩くと爪が当たって引きずってる感じです。
そのうえ、甲状腺機能低下症のせいか、皮膚にも異常があったのです。
それで、主治医の先生が「あ!そうだ!あのサプリ試してみて!」って思いついて下さったのが、「アンチノール」っていうサプリなんですよ。

検索すると、すぐ出て来ますから、見てみてくださいね。
主治医の先生がおっしゃるには、関節にも効果があるし、皮膚の異常にも効果があるとか・・・

即効性もあるサプリだと聞きましたが、ルークの場合、まさに4,5日で効果が出て来たような気がします。

ただ… 足の引きずりは、一進一退ですねぇ〜
サプリですものね〜 そんなに完全に良くなることを期待してはいけないのでしょうけど…

「コセクイン」は、ルークも、以前、長く使っていたサプリです。
「コセクイン」の前は、ロイヤルカナンの「緑イ貝」でした。
でも、やっぱり、なかなか「治った〜!」って実感できるものではなかったですね。。

そうそう。。
主治医の先生から、「PLDD」という椎間板の治療を勧められているんですが…
情けないことに、ちょっと踏み切れないでいます。

ミルクママさんの、今のお気持ち、ほんとうに良く分かります。
ミルクちゃん、ちょっとで楽になれば良いですね〜
ほんとうに、心揺れますね。

あの〜 これから、頑張ってブログ更新してみます。
また、ミルクママさんとお話ししたいから・・
ミルクちゃんが、良くなりますように!
Commented by ミルクママ at 2016-11-28 23:31 x
こんばんは。
お忙しいのにお返事いただきありがとうございました。

「馬尾症候群」ですか... 聞いたことがあります。
後ろ足を引き摺って、歩くと爪が当たって引きずってる感じです。・・・この症状はミルクも同じです。
「アンチノール」ですか。調べてみます。
院長先生は、サプリは大型犬は特にですが費用がかかる割に
高価が保証されていない、と否定的なんですよね。
「コセクイン」も使われていたのですね。
やはり治った~ではなかったですか。う~ん...

ミルクはステロイドを6日間服用し改善されましたが、まだ
麻痺が残っているとのことで、量を減らしてあと6日間飲み切って終了し、観察期間に入る予定です。

「PLDD」ってレーザー治療なんですね。
切らずに治療できるのですか?
犬にもできるのですね。すごいです。
母としてはあれこれ考えて悩んで迷ってしまいますよね。

私も悩んでみます。
またいろいろ教えてくださいね。
ルーク君、お大事になさってください。

更新は無理をなさらずにね♪(笑)



















Commented by ro-lu-leon at 2016-11-29 19:52
ミルクママさんへ

ミルクちゃんとルークの症状は、おんなじなんですね。

「PLDD」のレーザー治療は、とっても魅力的に思うのですが、全身麻酔をするでしょうし、一回の治療で完治するものではないらしいの。。再発すれば、またその治療をするんですって。。
ルークはもう12才ですから、老化とか寿命とかのことを考えると、急激に悪化することがなければこのままでも…って思ってることも、事実なんです、私たち。。

ミルクちゃん、まだ8才でしたよね〜ミルクちゃんはまだまだ若いですものね〜
悩みますね〜ミルクママさん。

ねえ、ミルクママさん!
「アニサポ ナックルン」っていうプロテクターというかサポーターというか…ご存知ですか?
とっても良さそうなんです!
ここに、リンクさせたいんですけど、出来るかどうか…
検索すれば、すぐに出て来ます。
ご覧になって下さいませ!
今のルークとミルクちゃんの症状に、ピッタリみたいなんですよ。
ルークは、もうちょっと様子を見て、そのプロテクターも試してみようかなって思っています。

ミルクママさん!お話が出来て、嬉しいです!
もっともっとお話したいです!

Commented by ミルクママ at 2016-11-30 10:52 x
「PLDD」のレーザー治療、私も調べてみました。
姫路に積極的にされていそうな【かない動物病院】のHPを
見つけました。

PLDDの利点
・短期間の入院 (通常1泊2日、または日帰り)
・治療時間が短い(麻酔時間は1時間前後)
・傷口がない
・出血がない
・施術後に歩いて帰ることができる
・多発性の椎間板ヘルニアに有効である

PLDDの問題点
・すべての椎間板ヘルニアに対応できない
(髄核が大きく脱出し たハンセンⅠ型ヘルニアには有効でないことがあります)
・実施施設が少ない
・高価である
・治療まで時間を要す

読んでも素人にはよくわかりません...
ミルクは椎間板ヘルニアと診断されたわけでもなく、このような治療法の提案もなく。
多発性の椎間板ヘルニアに有効である、というのは脊椎全体にブリッジが入っているミルクに向いているのでしょうか。

今はステロイドで改善していますが、いつか本当に歩けなくなったりした場合はこれができるか聞いてみてもいいかなって思います。
まったく知らなかったので、良い情報をいただきありがとうございます。

全身麻酔に複数回の手術となれば現時点でやるかどうかは私でも悩むと思います。
それにかなり高額なようですし...
12歳ですもんね。内服薬で凌げればそれに越したことはないですもんね。

ナックルン、老犬シェパさんのブログで知りましたが、改良されているんですね。
どうしてもフローリングが滑りやすく、今の状態なら室内で有効かなって思っていました。
私も様子をみて試してみようと思います。

いろいろ教えていただけてとても嬉しいです。
私もゴル飼いの大先輩にいろいろお話をお聞きしたいです♪



Commented by ro-lu-leon at 2016-11-30 19:52
ミルクママさんへ

PLDDのこと、こんなに詳しく知りませんでした。
教えて下さってありがとうございます。
良いところと悪いところ、色々あるんですね〜
それに、やっぱり高価なんですね〜 考えちゃうなあ〜(笑)

ミルクちゃんは、脊椎全体にブリッジが入ってるんですね〜
大変な手術だったでしょうね。ミルクちゃんもよく頑張りましたね〜 そして、ママさんもご家族も、お辛かったでしょうに。
まだまだ若いミルクちゃんだから、これからのこと、色々考えちゃうでしょうね。
姫路の病院ででも、お話だけでも聞けたらいいですね。

ナックルン、前々からあったのですね。最近まで、全然知りませんでした。
先代のロッキーも、今になって知ったことですが、ルークと同じように後ろ足を引き摺っていました。爪がこすれて血が出るほど重傷でした。
でも、当時は、私たちにまったく知識がなく、ただの老化だろうと放置していました。
それを思うと、知識って必要ですね。
こうやって、ミルクママさんとお話をさせて頂いてると、色んなことが分かって、嬉しいです。

ミルクちゃんも、ルークも、愛する我が子がみんな、少しでも、より健やかに、より穏やかに、より心豊かに、暮らせますように!
ミルクママさん!私たち、頑張りましょうね!
Commented by ミルクママ at 2016-11-30 22:41 x
こんばんは。

ミルクは全体にブリッジが入っている変形性脊椎症で手術はしていません。
手術しても次々に発症する可能性があるので手術はできないだろうと言われました。

1年前と違いステロイドで左足がびっこをひく症状は改善されているようでも、踏ん張る力が戻っていないように思えます。

これからを思うと不安になりますが、私たちがしっかりと支えていかないと、ですね。

お互いくじけずに愛する我が子をサポートしていきましょうね。
Commented by ro-lu-leon at 2016-12-01 20:05
ミルクママさんへ。

そうだったんですか…変形性脊椎症?
発症するのは、高齢犬だけではないんですね〜

ステロイドは、時にはツラい副作用を耐えながらも、効果を期待するところもありますよね。
私たちの悩ましいところですね。

病をもった家族ワンコのために、お医者さまは医学的に、そして私たちは心身ともに支えてあげられると信じて、頑張りましょう!

ミルクちゃんの状態が、少しでも楽になりますように!少しでも良くなりますように!心から祈っています!

ミルクママさん!ありがとうございます!
by ro-lu-leon | 2016-10-02 14:31 | ルークのこと | Comments(12)