ロッルーレオンと 時々私 roluleon.exblog.jp

ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(13才)とレオン(8才)と、ロッルー父(20017.7.28お空組に)と、生きてる母の日記です


by ロッルー母
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レオンへ

あのね~ レオンちん。。

b0190908_224359100.jpg


そりゃ~ 紙ぶくろ位、破いてもええわな。。
怒った母さんも 母さんやわ 

やけどなぁ
いくらなんでもなぁ
その目は ないやろ?
その目… ほんまにチンピラの目やで。。


つまらんのは
よお分かっとるよ
母さんだって なんか気持ちが晴れんもん。。


b0190908_22442567.jpg

ルークやって つらいんよ。。
ルークやって おまえと遊びたい筈さ。。

やけど・・・
無理なんよ。。
まだまだ 動けんのやけんね。。

家族みんなで がんばろな!
しゃぁーないやん。。。
by ro-lu-leon | 2012-01-22 16:34 | レオンのこと | Comments(0)

ルーク骨折

剥離骨折 脱臼骨折 でした。ルークです。。

ちょうど10日前の、1月7日土曜日。楽しい楽しい3連休の1日目。。

ロッルー父に誘われるままに
五色台の山頂の ロッルー家の秘密の原っぱに とっても久しぶりに出かけました。

b0190908_22385531.jpg

この写真の 二人の楽しそうなひとときの数分後のできごとでした。


ルークとレオンの2人の姿が 奥の森に 消えました。
私は叫びました。
「ルークぅう!!来い!! レオン~!!来い!!!」

ロッルー父は、落ち着いたもので
「そんなに叫ぶな!2人とも帰って来るから!ルークがついてるんだから、すぐ帰って来る!」

母は・・・ そんなロッルー父なんて、完全無視!
2人の名前を呼び続け 森の中を走りました。

しばらくして、ロッルー父の
「レオン!おいで!!こっち来い!!」という声が聞こえました。
私は、走って、ロッルー父が見える所まで戻り・・・
でも、帰って来たのは、レオンだけ。。
ルークが居ません。

「レオンが帰って来たのに、ルークが居ないなんて!絶対あり得ん!!」
「なんかあったんだ!」

私は また 森の中に 走り込みました。
迷路のような遊歩道も無視して ルークの名前を呼び続け 森の中を走りました。
突然 木立ちが途切れ、車道に出て・・・
そこに居たカップルに
「犬、見ませんでしたか?!!」
そのカップル・・
「ああ、すっごく大きな犬が あっちの方に走って行ったよ」
カップルが指差す先は・・・「瀬戸内歴史民俗資料館」
石を積み上げた要塞のような建物と 城壁のような石壁、石垣・・・

「ルークぅぅぅ!!!おいでぇぇぇ!!」
「ル~ぅぅぅ!!どこぉぉぉぉ!!!」

建物の敷地の奥は 道が途切れ 何もなく 空と海が見えるだけ。。
その下には 城壁のような石垣が直角に、下に。。
その遥か下に、茶色いものが見えました。動きません。

犬だとは思いませんでした。
ルークだとは思いませんでした。
ルークなら、私の声で、こちらに走って来る筈だし!
動かないでいるなんて、あり得ないし!

目を凝らしました。
ルークの顔が見えました。 動きません。
城壁の下です。
走り下りました。わたし、、転がったと思います。

ルークは「フセ」をしたまま 動きません。
顔をこちらに向けていました。
その顔は 血みどろになっていました。
その瞬間 私は ルークに さわれませんでした。
息をのんで そっとルークに手をかけました。
ルークは 半身を起き上がり 私の身体に 倒れ込みました。
そのまま動きません。
血みどろになった顔、頭、首を触ると 首輪はありませんでした。

下唇の下には 大きな深い擦り剥いた傷。
あごの下には 深い傷
前足はふるえ 私の腕の上に置き。。

私は ルークを抱きかかえたまま 震える手で 携帯を取り出しました。
ロッルー父に 今いる場所を伝えようとしても なかなか説明できないほどパニックになっていました。

ようやく ロッルー父が 車で やって来ました。
ふたりで ルークを抱きかかえ 車に乗せました。
そして・・
上を見上げると 5メートル以上もある高い高い城壁が・・
そのすぐ下に ルークの首輪が壊れて 落ちていて・・・
血が 点々と ルークがうずくまっていたところまで続いていて・・・

落ちたのだと思いました。
首輪が壊れて外れるほどの衝撃で 落ちたのだと。。


五色台の奥の奥から、車の中、
私は ルークを抱きかかえ
車の振動からルークを守り
いつもの病院まで 約1時間。。。
とてもとても長い長い時間でした。

ルークの右手は 病院に着くまでの1時間で みるみる腫れあがって来ていました。

レントゲンの結果
右手の手首の骨にヒビが入ってるようだ、と・・・

家に帰り着いても ルークは 顔をもたげることも出来ませんでした。

お医者さんからは
「一番小さなバリケンに入れて、絶対動かさないように」と言われていましたが、
バリケンに入れるどころか、、手足をのばしたまま横たわって まったく動けないルークでした。

3連休の初日から3日間、ルークはまったく動けませんでした。
おしっこも出来ません。
私は怖くなって、診察時間も過ぎた病院に電話をして 状態を説明すると、
当直のお医者さんから、「今すぐ来て下さい!」

おしっこを抜いてもらいました。

昨日の診察で 2度目のレントゲンを撮ってもらいました。
ヒビが入ってるだけでなく
剥離骨折 脱臼骨折 でした。

完治するには 時間がかかるでしょう。
ルークは 今も 痛そうにビッコをひいています。
長くは歩けません。

ああああああ 私たちの不注意で 
ルークに痛い思いをさせてしまって、、、
5メートルの崖から落ちるなんて、、、
人間なら死んでいたかも。。。

ごめんなさい。ルーク。ゆるしてね。ルーク。

レオンは・・・
ルークにガウガウ攻撃が出来ずに ガマンの子です。
レオンにも 可哀そうなことを。。。

はやくはやく 良くなりますように。。
はやくはやく いつもの元気なルークに戻ってほしい。。。
by ro-lu-leon | 2012-01-17 23:34 | ルークのこと | Comments(0)