ロッルーレオンと 時々私 roluleon.exblog.jp

ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(13才)とレオン(9才)と、ロッルー父(20017.7.28お空組に)と、生きてる母の日記です


by ロッルー母
プロフィールを見る
画像一覧

「虹の橋」

b0190908_11583433.jpg

この9月24日水曜日午後2時50分
ロッキーは、息を引き取りました。

憎き癌は、
おなかのリンパから肝臓に至り、肝臓の機能を破壊し、
その他の内臓まで・・・ロッキーの身体を蝕んでいました。
35㌔あったロッキーの身体は、わずか20㌔となっていました。
骨格や関節の形まで、手で確認できるほどに痩せて・・・

今から約1ヶ月前
『もう数日の命です』とお医者さまから告げられ、
私の前には、今日明日のうちに逝ってしまうのではないかと思われるほど、衰弱しきったロッキーが居ました。

もう点滴をすることも出来ず、何の処置をすることも出来ないという日々が過ぎました。
ロッキーは、頑張りました。生きました。

死に逝く前の約2週間
食べ物をまったく口にすることが出来なくなり、
歩く力も立つ力もなくなり・・・
そして
死に逝く3日前から、
スポイドや脱脂綿に含ませたお水さえ、飲み込む力もなく・・・
私の呼びかけにも応じることなく、身体を揺り動かしても何の反応もなく・・・
ただただ、力無く息をしているだけ
そんなロッキーを見るのが、ほんとうに、つらかった。
ほんとうのところ、早く安らかになってほしかった。

それでも、ロッキーは、生きたのです。
9月24日午後2時50分、
「ロッキーが力尽きました」とは、言いたくありません。
ロッキーは、生き抜いたのだと思います。


愛するワンコを亡くし、哀しみにくれる飼い主のための「言葉(詩)」があります。
「虹の橋」と言います。
ここに、紹介したいとおもいます。

『虹の橋』(第1部)
天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。
(以下、省略)


そして、「第3部」として、以下の「言葉」があります。

『雨降り地区』(第3部)
こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。
死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。




私は、ロッキーを「雨降り地区」には居させたくありません。絶対に!
私たちは、大好きな兄を亡くしふさぎ込んでしまったルークを、守らなければなりません。
泣けません。哀しみに浸ることは、出来ません。

でも・・・今は・・・
私の頭の中には、あの苦しそうなロッキーの息づかいしか残っていません
ロッキーの身体を抱きしめたい。あのロッキーの毛の感触を感じたい
あのロッキーのにこやかな穏やかな顔を、両手で包みたい・・・

こころが、くだけそうです。
Commented by ぷう&あんのママ at 2008-09-28 13:36 x
あらためて、ロッキー君のご冥福をお祈りいたします。

何と申し上げてよいかわかりません。

どうか、お力落としの無いように・・・
Commented by ☆クール姉 at 2008-09-28 19:28 x
ロッキー君は力の限りに生き抜いた
正に生命を全うしたと私もそう思います。
ロッキー君は、真っ直ぐに虹の橋を渡ったことでしょう。
papaが泣いても
mamaが泣いても
雨降り地区には留まっていませんよ。
神様のもとでニッコリ笑っている
泣いてるpapaとmama、遺していったルーク君に
笑顔と愛と力を送っているわ。
Commented by ロッルー母 at 2008-09-28 21:21 x
ぷう&あんのママさん♪

ありがとうございます・・・

当時のママさんのお気持ち、痛いほど分かりました。
なんとか、頑張らなければ・・・ネ
Commented by ロッルー母 at 2008-09-28 21:24 x
☆クール姉さん♪

ありがとう!
そうよね!
きっと・・・ぜったい・・・
ロッキーは、
明るい、暖かい、何の痛みもない世界で、
笑って見守っててくれてるわよね!
Commented by Frau&Aqua papa at 2008-09-28 23:20 x
どうも、にわとりと呼ばれている者です。

なんと声をかけてよいか分かりません。
正直、言葉が出て来ません・・・

でも・・・ロッキー君は、虹の橋からロッルー一家を暖かく見守っていると思います。絶対に!

ロッキー君のご冥福を、心よりお祈りいたします。
Commented by Groriabird at 2008-09-29 00:37 x
そんなに早く、涙が止まったら、ロッキー君、「?」かも?

愛した分だけの涙があれば、ロッキー君は安心してくれる気がする・・・


母さんの強がりは、見たくないかも?
だって、優しくて強いロッキーくんだもの。

虹の橋に訪ねて行きたい時は、私の翼をお貸しします。
少々(だいぶ)頼りないですが・・・
はい!
Commented by ロッルー母 at 2008-09-29 08:53 x
Frau&Aqua papa さん♪
はい!分かりますよ、にわとりさん♪

暖かい言葉、ありがとうございます。

日が経つごとに、心重たいです・・・
ロッキーのためにも、ルークのためにも
頑張らなくては・・・

これからも、こちらでも、よろしくお願いいたします。
Commented by ロッルー母 at 2008-09-29 08:55 x
Groriabirdさん♪

暖かい優しいお言葉ありがとうございます。

あのね・・・
目の前にルークがいるでしょ?
私より、より一層落ち込んでそうなロッルー父がいるでしょ?
泣けないのよ・・・・

ねぇー
泣くときは、そちらに行っていいかしら? 新幹線に乗って♪
Commented by うぶどん at 2008-09-29 11:53 x
遅くなりました・・・

ロッキーちゃんの冥福をお祈りします

言葉がありません・・・

いずれ、私も避けて通れない道とは言え・・・

今を生きてる彼らと毎日を大切に過ごしたいと思っています・・・

ルークとってもいい子ですよ・・・

一緒に明るく頑張ってください・・・
Commented by ロッルー母 at 2008-09-29 22:21 x
うぶどんさん♪

ありがとうございます。

とうとう、この時が来てしまいました。
日が経つにつれ・・・
耐えられない哀しみに襲われます。

どんな病があろうとも、その病とともに、
一日一日を一緒に生きられたことを感謝しています。

これからは、ルークのために、頑張らなければと思っています。

いつか、お会いできる日を楽しみにしております。
Commented by ケイ at 2008-09-29 23:03 x
「ロッキーくん、いっぱいいっぱい一生懸命生きたね。
ありがとう。ロッキーくんの姿は私をとても励ましてくれました。

ロッキーくんの訃報を読み、正直、私もいっぱい泣いてしまいました。
何回も読み直してやっぱり涙が止まりません。
今も画面がにじんでいます。

今、ロッキーくんは虹の橋で元気にお友達をいっぱい作って
いるところですね。

私はロッキーくんに出会えてよかったです。
元気をいっぱいもらいました。
ほんとうにありがとう。」

ロッルー母さん、ロッキーくんが虹の橋に旅立ってしまい、
本当に残念です。ロッキーくんだけでなく
母さんもお父さんもルークくんもみんなみんな
がんばったと思います。
お疲れ様でした。

ロッキーくんは今、虹の橋で元気にしていると思います。
もう抱き合ったりできないけど、永遠にロッキーくんは
ロッルー母さんとお父さんのかわいい子です。
泣きたい時は泣いていいと思います。
涙は心を癒してくれる素敵な雨だと思います。
ロッキーくんもわかってくれると思います。
ロッキーくんはいつもいつも一緒にいますよ。

ロッルー母さん、つらかったらいつでも
話に来てくださいね。

「ロッキーくん、今晩はロッキーくんのこと、
ロッキーくんの家族のことお祈りするからね」

追伸、昨日の夜まで留守にしていたので
書き込み遅くなってしまってごめんなさい。
Commented by ロッルー母 at 2008-09-29 23:16 x
ケイさん♪

ありがとうございます。
もう少し落ち着いたら、ケイさんのところに伺って、ご報告しようと思っていました。

サーシャちゃん、その後いかがでしょうか。

ケイさん・・・
やっぱり、身がちぎれそうなくらい哀しみが襲ってきます。
今夜は、ちょっと、混乱しているみたいなので、
また、落ち着いたらメッセージさせて頂きますね。

ごめんなさい・・・
Commented by ルビー at 2008-09-30 19:22 x
なにも言えないよ・・・・
泣きたいときには、泣いたほうがいいよ。

ごめんね、気の利いたこと言えなくって・・・・
Commented by ロッルー母 at 2008-09-30 22:26 x
ルビーさん♪

ルビーさんが、黙って見ててくれてるだけで、それで充分・・・

っていうより、ルビーさんのこと、心配してたよ
Commented by ジョンタ at 2008-10-02 20:15 x
最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうぞ忘れないで。
私がいつまでも あなたを愛していることを。

犬の十戒より.

きっと 愛をいっぱい感じながらの最後だったと思います
Commented by ロッルー母 at 2008-10-02 21:40 x
あぁ・・・ジョンタさん・・・

その「言葉」、ありがとうございます。
時が過ぎるほどに・・・
哀しみと、
最後まで生き抜いたロッキーの姿が、
よみがえり・・・

でも・・・
『あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます。』

・・・その言葉を、支えに、
ルークとともに生きて行きます

ジョンタさん、つらいです・・・
by ro-lu-leon | 2008-09-28 12:35 | ロッキーのこと | Comments(16)