ロッルーレオンと 時々私 roluleon.exblog.jp

ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(13才)とレオン(9才)と、ロッルー父(20017.7.28お空組に)と、生きてる母の日記です


by ロッルー母
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

犬が人を噛むということ

ショッキングな タイトルで すいません
不適切な 写真で すいません


b0190908_22480305.jpg
親しいご近所さんの ワンコに 噛まれて 2日目です

どーして こういうことに なったの?!
どーしたら こういうことに なるの?!

そう思われるでしょうね



ここに引っ越して すぐ 親しくしてくださったご家族のワンコ
手当たり次第に 牙を剥いて 吠えつくワンコ(ということは分かってた)
コーギーと柴ちゃんのMIX
7才の 男の子 Kちゃん

一昨日の夕方
いつものように Kちゃんのお母さんと いろいろ楽しくおしゃべりしてた時
ご近所のトイプードルD君が お家から離れたのか
Kちゃんめがけて 吠えながら すっ飛んできた

私は
Kちゃんが トイプーちゃんに噛みついたら 大変!
って思って
玄関にまわって 飛び出した
D君のお姉ちゃんが すぐに出て来て
D君を確保した
「良かった~!」って 思った矢先

Kちゃんが 私に 向かってきた
手首を 噛まれて 引っ張られて
噛まれたまま 引きずられた

すっごい 痛み
すぐに 血が ポタポタと
K君のお母さんには「大丈夫!大丈夫!」って 言いながら
家に 駆けこむ途中にも
道路にも 玄関先にも 玄関の中にも
血がいっぱいになってて

あまりの痛みと
出血のショックで
30分近く 身体が 動かなかった

しばらくして
痛いところをみると
足の根元にも 歯形があって 血がにじんでた

ふーむ
まずは 急所を ねらわれたか
ショックが 大きい



犬が
飼い犬が
人を噛むって
どういうこと?

ショックが大きかった

私が 悪かった?
咄嗟のこととは言え
私が 悪かった?

飼い犬が
お家の犬が
人を噛む って どーゆーこと?
本気噛み って どーゆーこと?



翌朝 いつもの時間に
Kちゃんと お母さんが 朝のご挨拶に 来てくれた
「大丈夫?ごめんなさい、こんなことになって本当にごめんなさい」と
「いえいえ、ワンコのこういう事故は すべてヒトが悪いんですからね、Kちゃんが悪いわけじゃないのよ」
「Kちゃんごめんね、おばちゃんが怖かったのね」

心から そう言った

そしたら Kちゃんのお母さん
「違う!このKが悪いんや!」
って 言いながら
Kちゃんの 頭を
リードの先っぽで ペタリを はじいた

あああああ~
違うのよ



夕方 別のご近所さんが 次々と来られて
「大丈夫?Kちゃんは今まで3人も噛んでるのよ。早く言ってあげれば良かったわね~」

あああああ~
たまらんな~

犬が
飼い犬が
人を噛むって
何回も 噛むって
それを そのままに してるって


もし 人間不信になってたとしたら
ヒトは怖い存在じゃないってことを 教えてあげて
ヒトを愛せるワンコになれるために
ヒトに愛されるワンコになれるために

どんな苦労もしてあげるのが
飼い主の
ヒトの 役割だと
思ってる

愛する家族 愛するワンコと
穏やかな 幸せな 暮らしが できるように
力を尽くすのが
私の役割だと 思ってる


Kちゃ~ん!
おばちゃんはね~
Kちゃんの これからの 犬生が
心配で たまらないよ




「ちんぴらレオン」と言われ続けてた ウチのレオンちん
あの日から
Kちゃんが来ても
お部屋から 出られないように なりました
b0190908_22482484.jpg


う~ん

こんなこと
ここで書くのは 適切ではないと 思うし
しっかりと 言葉を選んで 書くべきだとも 思うけど
この2日間 どーしても
心の整理がつかなくって
頭の中に 言葉があふれてて

すいません
頭に出てくる言葉のまま 書きなぐっています



父さんが生きてて 今の私の思いを 聞いたら
きっと
「つらいけど、情けないけど、
ウチの子たちだけでも幸せだったら、それでええやないか。もう言うな!」
と言うでしょうね


そうね
今の私の すべきこと
手が動かないのに 無理にパソコンに向かってないで
この傷を 早く治して
ルークの介護を ちゃんと出来るようにすること!
レオンのショックを 少しでも和らげてあげること!




ヒトと暮らすイヌが
1人でも多く
穏やかで ほんとうに幸せな 犬生が送れますように
心から祈ってます

応援 よろしくお願いします 016.gif
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
Commented by F.Eまま at 2018-06-28 13:07 x
なんでしょうね~...
本当に残念! なんて言葉ではすまされない話ですね。

ワンコとの生活において、何かの拍子に不幸な事故が起きてしまう事、そういう事ってありますよね。
でも、この場合、起きたとしても一度に限りです。

ほとんどの事は、飼い主さんが愛情を持って、何らかの方法、(自分でできないのなら訓練を受けさせる等)の対処をしていれば今回の事は防げたはずです。 

そう、悪いのはワンコではなくヒト、飼い主さんです。
もう七歳にもなるのに、このような調子である意味、放置されてきたように思われます。
ロッルー母さんのおっしゃる通り、Kちゃんの今後の犬生が危ぶまれます。
本当にやるせない気持ちでいっぱいです。

で、ロッルー母さん!
自分のことを後回しにせず、傷の手当はしっかり行って下さいね(口うるさいようですけど)
暫く不便ですけど・・・
無理せず頑張って~❣
Commented by F.Eまま at 2018-06-28 22:06 x
追伸
コメントのお返事、気にしないでね!
早く 腫れと痛みが和らぐといいのですが・・・
では、またね(^-^)
Commented by ro-lu-leon at 2018-06-28 22:52
F.Eままさんへ!
ママさんのおっしゃるとおりです!

Kちゃん、躾に関して、放置されたままって感じです。
可哀想って思うしかないんですよね、悔しいけど・・・

病院にはしっかり行ってますよー!
究極の病院嫌いの私が、真面目に通って、真面目にお薬飲んで・・・
ただただ、ルークとレオンのために、早く傷を治さなきゃって思ってます。
私としては、究極の意識の転換です(笑)

腫れはね、昨日よりほんのちょっと引いたみたいです。
少し動かせるようになりました。
日にち薬、頑張りますよ~

ままさん、ほうとうにありがとうございます。

またね~
Commented by れおママ at 2018-06-30 10:00 x
おはようございます🎵

ロッルー母さん。怪我は大丈夫ですか❗早く傷が治る事を祈っています。

今まで人を噛み、ロッルー母さんで3人目やなんて…
ワンコは、言葉を話せないから飼主が気をつけてワンコの苦手な事や怖がる物を避ける様にしたら大丈夫だと思うんです。

私も先代れおを亡くして6年悲しみの底にいましたが、ゴールデンレトリバーブログで立ちあがり新たに英国ゴールデンレトリバーを迎えました。

先代れおもですが、英国ゴールデンも大型犬なので人に迷惑をかける事は絶対にあってはならないと警察犬の訓練所に出しました。

英国ゴールデンも、今、犬の幼稚園に通い犬社会のルールなどを学んでいます。

ロッルー母さんを噛んだワンちゃんも人に対して攻撃的だと飼主さんが理解してるなら、訓練所に行かせてあげるべきですよね。

ワンコが凄く可哀相ですね。
ワンコは悪くない!飼主さんが悪すぎる!
警察犬の訓練所の先生が「主従関係が出来ていないと犬は狂暴になります。
ただ、可愛がるだけではよくない。悪い事、よい事を教える。飼主がイライラしていたら犬も落ち着かない。犬は飼主をよく見ているんです」
そう教えて貰いました。

ロッルー母さんが飼主さんに言われた意味を、飼主さんがもっと真剣に受け止めて欲しいですよね。

ロッルー母さん、早く傷が治る様に無理はされないでくださいね。
ルークくん、レオンくん、大阪のウィルをよろしくお願いします。

ロッルー母さん❗また遊びにきま~す!
Commented by ro-lu-leon at 2018-06-30 21:59
れおママさんへ
お返事遅くなってすみません。

今日も傷の手当に、病院に行って来ました。
もうだいぶん腫れも引いて、痛みも薄らぎ、
ルークのお世話も少しづつ出来るようになりました。
ありがとうございます。

Kちゃんの飼い主さん、意識が低いのではなく、知識がないのかもしれません。
Kちゃんも、パパもママも、少しでも楽に幸せになれるのは、教えて差し上げるのも必要なのかとも思いますが、
今の私には、ちょっとパワーがありません。
少しづつ、お話しできたらいいのですが・・・

あのぉ~
パピイちゃんを迎えられたの?すご~い!すご~い!良かったですね~
英国ゴルは、美しいですよね~
ウィル君って言うの?
可愛いでしょうね~

ゴールデンは、性格が穏やかと言われますが、やっぱり大型犬ですものね。訓練やしつけは必要だと思います。
我が家も、ただのしつけ教室だけに行くつもりでしたが、たまたま警察犬訓練所の先生だったこともあってか、訓練から競技会挑戦ってことになっちゃいました。
当時は楽しかったですね~

れおママさんもウィル君も、しっかり楽しんでくださいね。

またね~!
by ro-lu-leon | 2018-06-27 23:40 | ひとりごと | Comments(5)