人気ブログランキング |

ロッルーレオンと 時々私 roluleon.exblog.jp

ゴールデンレトリバーのロッキー(2008.9.24お空組に)とルーク(2018.8.27お空組に)と、ロッルー父(20017.7.28お空組に)と、生きてる母とレオン(10才)の記録です。


by ロッルー母
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レオンと肥満細胞腫

レオンに
肥満細胞腫が 見つかりました
悪性度の高い 腫瘍です

憎き 腫瘍は
レオンの のどの部分に 棲みついていました


この6月18日(火曜日)に
切除手術を しました

手術は 無事に終わり
翌日
面会のお許しが出て 会いに行きました

レオンは
ニッコニコ顔でした
b0190908_19370594.jpg
のどには 大きな傷があるのに
b0190908_19373996.jpg
痛いでしょうに

b0190908_19371101.jpg
いつもより 多めに 笑っています
チンピラレオンです

自分に 何が起こったのか 分かっていないのでしょうね



レオンの喉に オデキを 見つけたのは
去年の9月・・・
b0190908_19372410.jpg
そのオデキは 数日で 消えました

それから
何か月かごとに 同じ箇所に 同じように オデキが 出来ていました
でも それは
いつも 2,3日で消えるのです
奥深く まさぐっても
なんのシコリも なくなっているのです

私は
「ふ~む、気にはなるけど、ルークの息子だから オデキ体質なんだな」
って 軽く考えていました


そして
去年の8月ルークが亡くなって以来の
とっても久しぶりの
この5月31日
すざき動物病院のA先生に 往診に来て頂きました

ホットスポット(急性湿疹)が 出来てたのと
フィラリアの血液検査と お薬と
ついでに 甲状腺の検査も してもらおうと
ただただ それだけだったのです

血液検査の結果
甲状腺機能も 正常
肝臓も 腎臓も 問題なし
炎症反応も なし
ただ 貧血がありました

その時
A先生に レオンのオデキのことを 言いました
A先生は
「出来て直ぐに消えるオデキ(しこり)は、肥満細胞腫の特質なんですよ」 と

ショックでした

イヌの病気のこと
それなりに 勉強していたのに・・・
癌体質のゴールデンの 飼い主として
いっぱい 気をつけていたのに・・・
危機感も いっつも 持っていた筈なのに・・・

もし 肥満細胞腫だったら・・・

最初に見つけて もう 9カ月近く経っている
どうして もっと早く お医者さまに 相談しなかったのか・・・

最初の往診から 10日ほど経って
貧血の状態を 確認するため
この6月11日(火曜日)に
また 往診に 来て頂くことに

その 前日の 夜
いつものように
レオンに抱きつきながら 眠ってて
レオンの首を まさぐっていましたら

出来てました
オデキの赤ちゃん

そして
細胞診の結果
それは やっぱり
肥満細胞腫。。。

そのオデキは
往診の翌日には 消えてしまっていました
奥の方にも
シコリのかけらも なくなっていました


あの夜
レオンを 抱いて 寝ていなかったら・・・
レオンの首を まさぐっていなかったら・・・
危機一髪的な ブツの出現でした


手術は
細胞診の針の跡か
ほんの少し 赤くなっていた箇所を 中心に
広く 切除して頂いて
無事に 終わり

レオンは
昨日6月20日(木曜日)
元気に 退院できました

今は ただ
病理検査の結果を 待つだけ

ああああ
グレードが「1」か「2」でありますように
ブツの発見から 1年近く 経ってしまっていることが
悪い要素に なっていませんように

ただ ただ 祈ります


母は
レオンが 入院していた 3日間
はじめての 一人ぼっちの 空間に
身の置き所もなく
何も 手につかず

レオンが 帰って来てからも
b0190908_19375232.jpg
「この子が 父さんとルークのところに逝っちゃったら、
 私ひとりで生きてる意味は ない」
と思う 毎日です


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

あなたへ
by ro-lu-leon | 2019-06-21 20:30 | レオンのこと | Comments(6)